Just a little day.

アクセスカウンタ

zoom RSS THE ハプスブルク

<<   作成日時 : 2010/03/14 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


土曜日ですが、

京都国立博物館で開催されている、

「THE ハプスブルク」展を見てきました。


ここの展示を訪れるのは、

23年前に、「シーボルトと日本」という展示を見て以来、

ずいぶん久しぶりだな……(;´ρ`)


というかもう、

すごい人の数でした(@_@)


前に東京でフェルメール展を見たとき以上の混雑。

入場するのに一時間待ちとかで、

建物の周りにずらーっと、

入場待ちの長蛇の列が出来てました……。

TDLのアトラクションか……ここは……(-_-;)


それでも展示の質と言い量と言い、

待ちに待った甲斐はありました。


マリア・テレジアや皇妃エリザベートの有名な肖像画や、

ハプスブルク家が所有していた、

ジョルジョーネ、ティツィアーノ、デューラーにクラナッハ、

ルーベンスにレンブラントにムリーリョにベラスケスにエル・グレコ……

枚挙に暇が無いほど、綺羅星のごとく、巨匠の作品がズラリ。

さすがヨーロッパの土台を築いた名門王家、

格が違いすぎる(;゜ロ゜)


ほんともう大満足な内容でした。

二時間かけて展示を見て、外に出てくると、

入場待ちの列がさらに伸びて、80分待ち、とかになってましたが……



あとついでに、

京都駅の伊勢丹の中にある美術展示フロアでやっていた、

「アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 〜クリムト・ミュシャ・ロートレックなど〜」

という展示も見てきました。

世紀末芸術とベルエポック、アールヌーヴォの時期の、

シーレ・クリムト・ロートレック・ミュシャなどの作品が取り揃えられ、

こちらも中々見ごたえのある展示でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
THE ハプスブルク Just a little day./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる