Just a little day.

アクセスカウンタ

zoom RSS 第69回桜花賞(GI)

<<   作成日時 : 2009/04/12 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


例年になく長く咲き誇る桜に囲まれて、

今年も桜花賞の時期となりました。

ホント、このレースほど名前と景観が一致し、

映像的に映えるGIはないと思います。


今年はとにかく、ブエナビスタの一本かぶりのレースとなりました。

単勝オッズは1.2倍で史上三番目の低配当。

2歳女王がそのまま桜花賞勝利、というのも、

テイエムオーシャン以来の史上3頭目達成でした。


前走のチューリップ賞の時も、

改めて強さを示した感じでしたが、

今回の桜花賞でのレースぶりはさらに圧巻で、

テンは後方につけて、道中は後方外目を追走し、

最終コーナーで大外をぶん回し、

直線で一気に交わし去る、

というレースぶりは、

ディープインパクトの有馬記念を思い出させるような、

見事な快勝でした。


しかし何よりすごいのは、

この馬の母馬のビワハイジ。

自身も阪神三歳牝馬を制し、

ダービーにも挑戦した名牝でしたが、

産駒成績が素晴らしい。

スカブーことスカーレットブーケと並んで、

少し前のパシフィカスやダンシングキィのような、

現在の競馬界を代表する繁殖牝馬と言って差し支えないでしょう。


ブエナビスタの今後ですが、

もちろん、牝馬三冠を狙える器ですが、

もしかしたら母のように、

ダービーに進む、という可能性も……


馬のレベルを考えるとありえなくも無い話であるだけに、

アンライバルドやリーチザクラウンと、

あの「伝説の新馬戦」の続きを、

再び最高の大舞台で!

というのは、

競馬ファンとしてはかなりそそられる展開ではあります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第69回桜花賞(GI) Just a little day./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる